気ままにおしゃべり

ミニエッセイ

あ-との祭り

<6/27 Live>

アケタの店/西荻窪

20136271.jpg

Live

恒例/調律ショー
20136272.jpg
珍!店番はシマダが休みでアケタ
今回の差し入れ
焼きそば(50円)いなり寿司 バナナ
アリガタイ!
演奏前の焼きそば(焼きそばパンを含む)はスイングを生む!
(勝手なジンクスを創った)

オッサンパワー全開!
20136274.jpg20136273.jpg
ライブ詳細はひつじレポートに期待したい

ゲスト
20136275.jpg
O Grande Amor
(写真撮影もお願いした)

After

「ひつじ主催パーティー」

毎年メンバーの誕生日の月に開催して頂く
アリガタイ!感謝!
20136276.jpg
今月は主賓/Dsがお休み
タクさん/Dsが代役
(注:オレ会った事ないんだよ)

お寿司
お皿の色と枚数の心配が要らない
20136279.jpg
従って一段とオイシい!

蒲鉾
仙台の佐々木氏からの差し入れ
震災から復活した蒲鉾屋製
おめでとー!美味い!
(要:お酒)
アケタもおすそ分け
20136277.jpg
お客さんも参加
201362712.jpg
演奏共々喜んで頂いた

「ひつじ本」

20136278.jpg
001〜003
現在休刊中
復刊に期待したい

皆で観賞
201362711.jpg
10年以上前になる
話題は ”若さ”と” 髪の毛”
演奏パワーは問題なし!

オツカレ!
201362713.jpg
?謎?

<ひつじレポート>

1m_2013-1627ja-42f17.jpg

6月1日はドラマー安藤さんのお誕生日
ささやかなお祝いの準備をして出かけましたが
お仕事が重なったのか、当の安藤さんはお休みでした

この日のドラマーは楠本卓司さん
山崎バンドへの参加も多く、
準レギュラーのような存在の方です
「やぁ!」
m_2013627ku-302fc.jpg
扉を開けて店内に入って行くと、
目が合うなりニッコリしながら
明るく声をかけて下さいました
笑顔も素敵です

Silvers Serenade(Horace Silver)
La Mesha(Kenny Dorham)
Grandfather's Waltz(Bill Evans)
I'll Take Romance(Ben Oakland)
O Grande Amor(Antônio Carlos Jobim)
Moment's Notice(John Coltrane)
Ole(John Coltrane)
Blues On Tha Corner (McCoy Tyner )

Silvers Serenade
m_2013627to-315a4.jpg
まるで頬ずりするように柔らかなテナーの音色、
葉裏を煌めかせる木漏れ日みたいなピアノのサウンド、
その光のほの暖かさを伝えるベースの爪弾き、
自身の胸の鼓動に見まごうほどに心地いいドラムスのリズム

緑の中に立っている私の前髪を揺らして、
涼やかで優しい風が吹き過ぎて行くような演奏でした!

La Mesha
m_2013627yo-67b75.jpg
イントロのピアノが印象的
この曲の演奏の中で遠く近く、強く優しく、
ボムボムボムボム……
と鳴っている確かなベースの響きと存在感が好きです

Grandfather's Waltz
美しく切なげな雰囲気の漂うワルツです
それを少し速めのテンポで演奏しているところが魅力的

料理の仕方で素材の味わいも美味しさも
いかようにも変わってくるということの証明でしょうか……。

I'll Take Romance
軽快で人の心を明るい方へと誘(いざな)ってくれる
この曲の演奏を聴くたびに何にともなく静かな勇気が湧いて来ます

かつて若かった私も今ではすっかり、
しかも見事におばさんになってしまいましたが、
ほれ!ほれ!<冥土の土産>とかいうヤツですか!?……
そんなのにかこつけて、
人生のおしまい前にできればもう一度でいい、
程よい恋でもしたいものです(笑)……
まったく!

O Grande Amor
m_2013627na-199b8.jpg
ハーモニカ中山ふじ枝さん選曲、
ゲストでの演奏でした
Jobim のオリジナル曲の美しさに酔いしれました

Moment's Noticee
6月の架空ジャケットの表題曲です
トモキさんのサックス、
よねさまのピアノ、
それぞれのアドリブの魅力的なサウンドに息を呑みました!

タイトルから連想されるイメージと
バンドの大空に羽ばたくような
どこまでも自由で快活な演奏から受ける印象を
私なりに定着させてみました
リーダーの肩越しに陽の光もこぼれています

Ole
m_2013627ya-5db4b.jpg
お馴染みの演目ですが、
その演奏は
毎回変幻自在にその姿やサウンドを変えて
バンドの個性を濃く表出し、
聴くものの心に深く多彩なイメージを刻印して行きます

今回はベースソロが静かに力強く聴き手の意識とらえ、
演奏の核をサックスのアドリブへと引き渡して行った
イントロからの流れが強烈な印象を残しました

シュールなピアノのサウンドのあとに
ベースが再びアドリブで応えて
磁力のように心惹き付ける弦の音色が会場に深く響き渡りました

Blues On Tha Corner
演目として取り上げられる頻度の高い一曲
ここでもピアノソロのくだりに唸りました!
何かこう、何とも言えないスリリングなアドリブだったんですよ!
ドキドキでした。!

後半の粘りのあるベースソロ、
サックスとドラムスの楽しく豪快な掛け合いが
演奏の山場を盛り上げていました
-----

安藤さんの席には楠本さんに座っていただき
用意したお祝いを敢行しました

当人不在のお誕生日会は初めてでした
でも、みんなでワイワイと食事することの楽しさを
しみじみと実感するひつじでした!
m_2013627anb-3b12a.jpg
安藤さんとは今度またあらためて……

次回ライヴ:7/30(火) 20:00pm~
m_2013627all-c0f9b.jpg
注:珍or怪写真

その頃は夏も本番ですね
暑い一日を過ごした夜にビールでも飲みながら、
これまた熱いジャズ演奏で
ご一緒にもうひと盛り上がりしませんか!?
いつものようにお待ちしています

関連記事
  1. 2013/06/28(金) 10:32:45|
  2. あ-との祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あ-との祭り | ホーム | 週刊C調>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wbky.blog.fc2.com/tb.php/556-40534aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Greeting

k.yamazaki

Author:k.yamazaki

Menu

Welcome (1)
あ-との祭り (828)
社会の窓 (68)
彼奴&彼処 (38)
Elvin Jones (37)
モノホン (46)
映写室 (39)
想い出ぼろぼろ (83)
押入れ (30)
週刊C調 (40)
鰯亭 (64)
Jazzの細道 (2)
緊急!連絡帳 (5)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

郵便ポスト

空き室

貸間

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる