FC2ブログ

気ままにおしゃべり

ミニエッセイ

Ts:小田切一巳 

81PTKIdTZAC_SL1500_.jpg
テナー/ソプラノ・サックス奏者、小田切一巳。
本作は、1980年にわずか31歳で他界した小田切が残した唯一のリーダー・アルバムである。
「神経質」
「感受性が鋭い」
「正真正銘の芸術家」
と評されるその人物像。
凄まじいスピード感と鋭角なトーンを持って放たれるフレーズは、
聴く者をえぐり、圧倒する
各方面から熱い支持を得る幻の作品がついにCD化となる

オリジナル発売年1976年
小田切一巳(ss、ts)山崎弘一(b)亀山賢一(ds)
録音日: 1976年8月1~15日 アケタ録音

アケタの店45周年ライブ後お土産にいただいた
1976年のLPがCDとなって蘇った!
必聴かも!
関連記事

2019/11/09 Sat. 19:32  edit

Category: モノホン

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://wbky.blog.fc2.com/tb.php/1551-d14f97ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △