気ままにおしゃべり

ミニエッセイ

榎本4/ジョーパス/十文字

2016/11/28

<ジョーパス/十文字>

35047e7f-s.jpg


記念撮影
201611293 201611292.jpg
ササキ氏とはここでお別れ
横手市十文字に向かう
いよいよ雪がちらつきだした

「バンマスのブログ」より
その1

横手市十文字ジョーパスの長瀬マスターの話しは、
時間と共に不安度を増す。

そもそもこの時期のツアーについては
大雪に対する懸念を当初から言われていて、
さて4wdの車を借りようか云々と思案をしてはいたが、
結局は東京での朝安藤に「え!?この車ノーマルタイヤなんですか?、、」
と呆れられる程の無策であった。

長瀬さんからは
「万一の時は大曲の駅まで迎えに行きますよ、、でもそこまでがなあぁ、」
と安心感と不安度を見事にないまぜにしたお言葉があり、
最後はワシの「じゃ幸いJRに沿っての道路を走るようだから、
最悪途中で車を捨てて列車で向かおう」という、
お気楽バンドマン思考により、出発

問題は岩手・秋田県境の雫石峠。
標高はさほどではないが先ず名前が凄いし、
走る内に無謀を諌める看板は数を増し、
反対に気温は下がる。
路面は序々に透明度を増し、
雪は正しく水平に降る。
樹々の梢に積もる雪は既に、、等
と見ていたら、すっ、と下り坂になり、
後はまー何と言うことも無く平場に降りられた。

ドンパン節会館で休憩しつつ皆で思ったのは
「途中で列車は全く見なかったね〜」
と云う事実であった。

さて、ジョーパスに来るのは都合3回目だ。
何時も温かい感じがする場所。
長瀬さんとやー良かった、
と挨拶して直後に大問題に気がつく。、、
あの、長瀬さん、、
ドラムセットは有るんでしたよね?、、
えっ!!

〜後編に続く〜

5年くらい前だろうか
ジョーパスは二度目になる
「この街の自慢はラーメンだけですよ」
案内されたのが”丸竹食堂”
1571253.jpg 15178136_1190396807711475_3027112173441653784_n.jpg
あっさり味でめちゃウマだった!
今回も”丸竹食堂”
やはりめちゃウマだった!

「バンマスのブログ」より
その2

78ed7a00-s.jpg

ドラムセットは幸いにして当夜いらっしゃるはずの方が
持っていて貸してくださることになった。
マスターには二度も取りに行っていただき、
ラーメンまでご馳走になって申し訳ない限りでした

*注*
ドラムセットが用意されていなかった
(バンマスが悪いに違いない)
ライブ直前である
やはり焦る話ではある
しかしマスターは焦った様子はない
(ように見える)
秋田(横手)弁のせいかもしれない
焦らず実に優雅である!
これが江戸や関西だったらおそらく大変だろう!
(全員早口で大慌てに違いない!)

且つ、客席は満席膝詰め状態となり、
マスターは「こんな筈では、、」と、絶句
201611296.jpg 201611295.jpg
実は先に亡くなられた抽象画作家の長坂富也さんの遺作展も
同時開催中のおかげが多々あったのである。
関係のご僧侶の方々もおられる中、
第1部終了

楽屋には犬齢16年の黒ッチがいて、
オマエら〜と吠えるので、
1b3e52e8.jpg
手練の技であやすと、もっとー!、
と云うのでつい掻きまくり、
第2部に影響。
馬鹿バンマス。

第2部は、長坂さんへのマスターと、
ワシの、それぞれの追悼コーナーを含みつつ、
またしてもアンコールいただきつつ大団円となった。

打ち上げはジョーパスのママの手料理を友に、
15220007_1192150837536072_4171861347574346050_n.jpg 15220080_1192150807536075_5975432910186674665_n.jpg
和やかに進行〜終了した。

、、それにしても、
山崎は病みあがりながら
山形系ビータ〜仙台〜盛岡〜十文字と車で演奏をこなし、
ちゃんと蕎麦も冷麺も食べて、
更にこの夜の打ち上げで
酒田ラッシュライフのママの速射砲的コメントにも
互角に対応していたのは、お見事!、、
da3b61d1.jpg
人間、何処でその株を上げるのか分からないものだ。

〜秀〜

客席
b70b14a7.jpg 201611298.jpg
酒田からサチママとヒョーさん
花巻からサトーくん
湯沢の”ラッシュライフ”のマスター&ママさん
がご来店
アリガタイ!

撮影:ヒョーさんにお願いした

本格的に雪が降り出した
今晩積もるだろうか!

「バンマスのブログ」より
その3

宿の丸福旅館
201611291.jpg
所謂和風ビジネスなのだが、
女将さんが秋田美人で気さくで、、。
また行く。

帰路も所々雪はあったけれど、順調に来て、
とどめの蕎麦屋は天童の板蕎麦屋。
此処も居心地も味も素晴らしい。また行く。

その後チト先を急ぐワシと安藤は山形道、
山崎藤澤は福島方面と別れて東京へ。

紆余曲折と、多事多難の予測は旅の常なれど、
望外の良いビータでありました。
メンバー一部には早くも来年秋の九州ツアーを進めろ!の声あり。
、、行くかも。

それぞれの場所のジャズラバーには、
誠にお世話に相成りました。
、、また行きます。

と、云うわけで
東北ツアーzakkan終了。、、、

朝起きると雪景色
IMG_4242-EFFECTS.jpg IMG_4243.jpg
雪の量は大したことはなかった
国道ならノーマルタイヤで大丈夫だろう

国道13号で天童へ
メンバーを”大久保蕎麦”に案内した
板そばとゲソ天で皆満足
残念ながら”らぐたいむ”は休みだった

天童で解散
バンマス組は山形道
藤澤とは福島まで下道で行くことにした

オツカレでしたー!
関連記事
  1. 2017/01/20(金) 21:55:18|
  2. 想い出ぼろぼろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2016:九州/序 | ホーム | 榎本4/すぺいん倶楽部/盛岡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wbky.blog.fc2.com/tb.php/1331-46a4c5eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Greeting

k.yamazaki

Author:k.yamazaki

Menu

Welcome (1)
あ-との祭り (867)
社会の窓 (68)
彼奴&彼処 (40)
Elvin Jones (38)
モノホン (46)
映写室 (39)
想い出ぼろぼろ (83)
押入れ (31)
週刊C調 (40)
鰯亭 (64)
Jazzの細道 (2)
緊急!連絡帳 (5)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

郵便ポスト

空き室

貸間

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる