気ままにおしゃべり

ミニエッセイ

あ-との祭り 

2016/4/9

<スワン/新所沢>

944909_1129725187067321_3765832664319051768_n (360x480)

4月9日・・・先代ママが亡くなって20年になります。
知っている方も知らない方も、
ご一緒に楽しんで頂けたらと思います。
XAT-1245411386s1.jpg
ママが描いたベーシスト・・・。
スワン入り口の上に飾ってあります。
その演奏は、濃く、深いものがあります・・・。

高橋知己さん、寺下誠さん、楠本卓司さん
このメンバーは素晴らしいです。
ぜひ、お聴きになってください。

Live

12932880_10206041364129305_5853949418961265986_n (480x270)

「坂本 宗司氏レポート」

「先代SWANママ没後20年特別ライブ!」を聴いてきました。
4月9日は先代ママ一知子さんの命日で、
あれからもう20年たつのです。
画家でもあった一知子さんの絵を
ご自分のレコードジャケットにした山崎弘一さんをリーダーに頼み、
スワンゆかりのメンバーでの演奏でした。
メンバーは
山崎弘一(B)
高橋知己(Ts)
寺下誠(P)
楠本卓司(Ds)でした。
はじめ山崎さんが、
このライブの趣旨と一知子さんの思い出を語り、
ほかのメンバーもそれぞれ短く語り、
ライブがスタートしました。
12998715_652321551572873_6090275870154500622_n (320x240)
「スコッチ&ウォーター」、「セイ・イット」、「モーメント・ノーチェス」
などのスタンダード主体の演奏でした。
今夜のスワンは古い常連客で満席となり、
55歳の若さで突然この世を去った、
美人薄命そのものとなってしまった一知子さんを偲び
思い出にひたり、スワンに降りてきた先代ママと、
ミュージシャンもお客も一緒になって、
しみじみとしたいいライブになりました。
12938339_652321684906193_3945863866399105161_n (240x180)
セカンドを始める前にマスターも一知子さんとの思い出を語りました。
マスターはその当時、近くのCDショップに勤めていたのですが、
そこに一知子さんがCDを買いに来て、
その後はじめてスワンのライブに行き、
それが4月5日で、元気だったママが9日には亡くなったということが
信じられなかったと、言っていました。
私もその頃、
一知子さんから丁寧な毛筆の手紙を受け取っていまして、
それが谷川俊太郎さんのコルトレーンに捧げた詩とともに、
今後ともジャズとスワンをよろしくといった内容で、
そんな手紙は最初で最後で、
それからまもなく私の携帯に先代マスターから電話がかかり、
「きのうママンが死んだ・・・」という第一声で、
カミュの「異邦人」の冗談かと思ったのを
昨日のことのように思い出しました。
12987093_1146254188747754_267541864350298105_n (180x240)
セカンドは次々にスタンダードが続き、
最後の「バイバイ・ブラックバード」では知己さんが絶好調となり、
噴煙のように続々と湧き出すフレーズが染入りました。
知己さんのCDにも一知子さんの絵をジャケットにしたものがあります。
しみじみとしたいい夜でした。
ライブも素晴らしかったです。

After

久しぶりの”スワン”ライブ
「先代ママ没後20年特別ライブ」
この絵を見るといろいろ想い出す
「私ザルよ!」
よく一緒に吞んだ!
懐かしい!
ウレシイ!
ちょっぴり哀しい!
もちろん先代マスタ−も一緒だった
マキちゃん&須藤くん
アリガトウ!
関連記事

2016/06/27 Mon. 13:22  edit

Category: あ-との祭り

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://wbky.blog.fc2.com/tb.php/1210-aeaf2837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △