気ままにおしゃべり

ミニエッセイ

あ-との祭り

2016/1/24

<アケタの店/西荻窪>

20160124_all.jpg

Live

2016年初”K.Y.4”
20160124_takahashi (1) 20160124_yoneda 20160124_yamazaki.jpg 20160124_honda.jpg

「ひつじレポート」

2016121ja (480x211)

●2016.1.24.sun.ライブ●
寒い日々が続いていたが
メンバーも元気に参集し2016年初めての
<山崎バンド:アケタの店ライヴ>が始った
ドラムスゲストは本多滋世氏

演目は以下の通り
***
One By One(Wayne Shorter)
Serenity(Joe Henderson)
Blue In Green(Bill Evans+Miles Davis)
Eclypso (Tommy Flanagan)
Bemsha Swing(Thelonious Monk)
Star Dust(Hoagy Carmichael)
Blue Bossa(Kenny Dorham)
Greetings To Idris(Pharoah Sanders)
-----

◆ One By One
メンバーそれぞれのアドリブがすばらしい!
オリジナルの痕跡はコードの流れのみで
それを手がかりに各々が
現在進行形の止まらない演奏の最中に
瞬時に新しい独自な楽曲を生み出していた!
その経緯が刺激的だった

◆ Serenity
2016124to
まるで飛び立つ飛行体のような……
そして空を切り裂くその美しい滑空をイメージさせる
初っぱなからのテナーソロが心地いい!
エア感をたっぷり含んだ中盤のベースソロが清々しい

◆ Blue In Green
しんとした冬場に似つかわしい演目だ!
~生きとし生けるものの
中でも人の運命(さだめ)のようなもの~を
この楽曲とそのバンドの演奏から感じ取る
そのこと自体が
与えられている日々を全うするための
私のバイブルとなっている

◆ Eclypso
2016124yo.jpg
踊るリズムとハーモニーが生み出す熱気の中に
ひんやりとした清涼感を吹き込む
ピアノソロ・アドリブがクール

◆ Bemsha Swing
出だしのテーマからして
その筋の天才が調理してみせる創作料理を
食するような味わいである
このバンドで何度か取り上げられて来た演目だけれど
最初少しびっくりして
何度かくり返し聴くうちに
最初の驚きが
演奏の中に内包されている不思議な味わいへと転じて
やがて病みつきになる……
そんなふうな
一筋縄でない魅力のある演目と演奏だ

◆ Star Dust
2016124yaall
ハーモニカ中山ふじ枝氏がゲスト参加
この演目でも
中盤のピアノアドリブに酔いしれた
どうしたらこんな演奏になるんだろうと感嘆する!
山崎Gが一っち好きなバンドで
よねさまは私にとっての
一っち好きなピアニスト!

敬愛している映画監督ニール・ジョーダン氏の
同名作品の中で流れたときの感動に触発されて
私もこの曲の歌のおさらいを始めた
間の取り方の難しさに七転八倒中
記憶が間違っていなければ
アケタライヴで聴くバンド初演曲なので
今月の架空ジャケットのタイトル曲とした

◆ Blue Bossa
2016124shi
ドラムスベースのイントロから演奏が始る
スピード感と躍動するリズムの中に
愁いや影が織り込まれているところが渋い!
随所でドラムスが活躍
終盤のかけあいもごきげん!だ

◆ Greetings To Idris
2016124ya.jpg
最も数多く演奏されて来た演目のひとつ
中盤からエンディングにかけての
力強く存在感のあるベースソロがすごい!
-----
バンドと一緒に迎えた19回目の新年1月である
これまでの両親と過ごした日々……
そして仕事と格闘して来た日々……
それらに続いてバンドとの年月は
一ファンとしてそば近くを伴走させてもらった
懐かしくも思いで深い日々となった
人生の途中で出会ったバンドを通して味わった<ジャズの世界>は
私自身のいつかは終えるであろう今生の
愛おしい宝であり
彼岸へ持って行くことのできる魂のお土産である

次回<アケタの店:山崎バンドライヴ>2/21(日)20:00~
* * *
ひつじ
「感謝&ご挨拶」

2015年ありがとうございました!
2016年ヨロシクお願いします!
関連記事
  1. 2016/05/31(火) 21:15:05|
  2. あ-との祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あ-との祭り | ホーム | あ-との祭り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wbky.blog.fc2.com/tb.php/1172-8cdeab8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Greeting

k.yamazaki

Author:k.yamazaki

Menu

Welcome (1)
あ-との祭り (864)
社会の窓 (68)
彼奴&彼処 (40)
Elvin Jones (37)
モノホン (46)
映写室 (39)
想い出ぼろぼろ (83)
押入れ (30)
週刊C調 (40)
鰯亭 (64)
Jazzの細道 (2)
緊急!連絡帳 (5)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

郵便ポスト

空き室

貸間

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる