気ままにおしゃべり

ミニエッセイ

あ-との祭り 

2015/11/9

<メルカート/駒沢>

PB090018.jpg

このバンドを演ると時々考える事がある
Ds/バンマス・Ts・ Wb
楽器編成としてはシンプルだ
(ソロとかデュオは当然もっと少ない)
音楽のスタートは何時なんだろう?
「音楽」と言われるようになったのは何時なんだろう?
いろいろ想像してみる
「2001年宇宙の旅」と言う映画がある
動物の骨が道具となり武器となった
「モスラ」と言う映画を見る
島で火を焚いて打楽器(?)を叩いて踊りまくる
声は「祈り」だろうか!

全く「声」だけの表現もある
「聖歌」と言うのがそうだろうか?
共通項は「祈り」?
モスラ=リズム
聖歌=ハーモニー
祈り=メロディ
(実際はもっと複雑だろう)
この頃は「音楽」とは言わなかったのかな?
何の知識もないので勝手にこじつけてみる!
PB090016.jpg
演奏について考えてみる
それぞれの楽器が1つの役割を担うのではない
Pf&Wbのデュオ
Pf=メロディ+ハーモニー(リズムもある)
Wb=リズム+ハーモニー(メロディーもある)
ここにDsが加わる
役割の組み合わせがより多く大きく広がる
Saxが加わる
PfとDsの役割の組み合わせがよりオモシロくなる!

Dsレスでの演奏はそれ自体充分ウレシイ!
Ds入りの演奏もそれ自体充分タノシい!

メルカートではPfレス
Ds&Tsのデュオ
Ds=リズム+ハーモニー(メロディーもある)
Ts=メロディ+ハーモニー(リズムもある)
Wbが加わる
PB090017.jpg
どっちに付く?
三つどもえになる!
PB090019.jpg
Dsの役割
演奏空間をより大きく拡げてくれる事かな
この役割がウレシイ!
(ドラマーの考え方はそれぞれ違うだろう)
関連記事

2016/05/14 Sat. 08:46  edit

Category: あ-との祭り

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://wbky.blog.fc2.com/tb.php/1137-b20b478b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △