気ままにおしゃべり

ミニエッセイ

あ-との祭り

<8/27 Live>

アケタの店/西荻窪

8月/誕生月
20150901212409.jpg 20150901212337.jpg

Live

<ひつじレポート>

2015827j_.jpg

●2015.8.27.thu.ライブ●

台風や秋雨前線による天候の崩れの中
多少の蒸し暑さとパラつく雨程度だけで
ライヴの日としてはラッキーだった

8月は
11日=よねさま
12日=トモキさん
それぞれ同じ歳一日違いのお誕生日を迎えられた
ライヴ後に一緒にいただこうと
ちょっとしたお祝いのおやつを持って会場へ出かけた。

この日のドラムスゲストは楠本卓司氏
演目は以下の通りである
* * *
I've Never Been In Love Before (Frank Loesser)
Grandfather's Waltz (Lasse Farnlof)
Everything Happens To Me (Matt Dennis)
One By One(Wayne Shorter)
Estate (Bruno Martino)
Our Man Higgins (Lee Morgan)
I Want To Talk About You (Billy Eckstine)
Fericidade (Antônio Carlos Jobim)

-----

◆ I've Never Been In Love Before
2015827yo1.jpg
よねさまの選曲

11日に携帯メールで
お誕生日おめでとうメールを送ると
「元気で若々しい演奏を続けて行きたい」
と返信をいただいた

今夜の演奏も その言葉通りの闊達感 !
絡むメンバーも聴き手も
会場中が共に血湧き肉踊る
才気あふれたピアノプレイを繰り広げた

稀なる演奏の美酒にすっかり酔わされた……

◆ Grandfather's Waltz
哀愁に溢れていて じつに いい演奏!
重ねて来た演奏者の年輪
経験と技術がそのまま音楽に息づいている
余分なものがそぎ落とされ
磨き抜かれた芯の部分がサウンドに反映されていることを
あらためて知る
そこに一番唸らされる
感動を言葉にすると
このしあわせがどこかに逃げて行きそうだ
許されるなら
黙っていつまでもいつまでも
こうしてここで
このメンバーのこの演奏を聴いていたい……
そう思っていた

◆ Everything Happens To Me
イントロから初盤のピアノが秀逸
演目のタイトルとは反対に襲うものなしの無敵さだ!
ソロを引き継いだサックスの
甘やかで流麗な音色にはうっと ! どっぷり !! 気分は急上昇 !!!
ふんわりとしたその心地よさを
ベースとドラムスの安定感のあるサウンドが支え包み込む
こんな極上……
どこ探したってめったにない!

◆ One By One
2015827ku_convert_20150906110719.jpg
楠本さんのドラムスは知的である

バランス感覚も半端ない
ソロをとったときの独自性も確かだ
ドラミングの合間に唸り歌う武器も持ち合わせている
その上 お人柄が最高!

バンド演奏の中の
ドラムスのサウンド
そして、エンディング前の渾身のソロ打ちに
集中して聴き入る私……
気づけば この大好きな演目を借りて
<楠本さん大好き !>
を連発するようなレポートを書いてしまっている ひつじだ

◆ Estate
2015827na_convert_20150906110747.jpg
ハーモニカ中山ふじ枝氏がゲスト参加

今月の架空ジャケットのタイトル曲とした
この曲に付けられている Bruno Brighetti の歌詞を思い出し
デザイン研究所の学生だった頃に撮った写真を使用した
公園に捨て置かれた自転車の車輪に
夏の終わりの光りが名残惜しそうに宿っている一枚

ひと夏の恋への心残り……
もの憂い思い出……
ハーモニカとテナーの音色とその歌い上げが
曲想にとても似つかわしい !

◆ Our Man Higgins
「ホールトーン・スケールでの演奏途中から
そうでない普通のブルースに切り替えて演ろうよ」
メンバーが演奏前にそう打ち合わせていた
部分的には例外もあるらしいが
この楽曲は そのほとんどが全音音階で構成されているという
そんなことはまったく知らずに演奏を聴いていた
私にはまだまだ分からないこと知らないことがいっぱい !!!
バンド内の会話やリハを耳にすると
何回……いやいや何年通っても
ライヴにはそのたびに新しい事柄に出会う楽しさがある

初盤から終盤まで
テナーのアドリブとそれに絡んだドラムスが
クール!な演目だった

注:タクさん選曲のプレゼント曲
プレゼント曲にしては「ややややこしい!」
タクさん全開!

◆ I Want To Talk About You
2015827to_convert_20150906110819.jpg
トモキさんの選曲

コルトレーン氏か トモキ氏か……
というほどに選曲した当人に似つかわしい演目である
たっぷりとした歌いと雄弁な表現で
彼の演奏の右に出るものは
そうそういないのではないだろうか……と感じさせる
あとに続いたピアノベースソロのサウンドの美しさも
筆舌に尽くしがたい!

◆ Fericidade
2015827ya_convert_20150906110847.jpg
「二人の誕生日に何か一曲歌う?」

注:毎年メンバーの誕生月
ひつじさんから何かしらのプレゼントを頂く!
一つずつ歳をとる
アリガタイ!
思えばお返しを一度もした事がない
ひつじさんから”トモキ”と”ヨネさん”へ
バンドから”ひつじ”さん”へ
お互いにプレゼント交換
20158270047_convert_20150906112502.jpg
リーダーからひつじへの提案で
初めてそういうことになった
しかもこの<アケタの店>で
メンバーの演奏にまじってなんて、
ウソみたいな夢みたいな話だ !!!
うれしくて「はい !」と元気に応えたけれど、
本番で大失敗をした……(涙)
プレゼントの歌を台無しにした
二人兄さまごめんなさい……

楽譜を取りに家に戻る心意気を示さなかったことが
後悔のもとだった !
<欲を出す>というのは
自分に一番不似合いな言葉だと常々思っているけれど
場合によってはそういうことも必要かもしれないと
考えさせられた
この先、こんな棚ボタなステキな機会は
二度とないかもしれないけれど
毎回楽譜を持って出かけて行くくらいの
欲を出そうと思う

当事者なので
反省はできても
この曲へのレポートは<なし>
ということで……(-_-!
-----
「健康に気をつけて」
なんて大真面目に言うと
凡人おばさん丸出しだと思われそうだけれど
何をするにもからだが基本!
これからも魅力的精力的な演奏を
長く続けていただきたいので
バンドメンバー皆が元気であること!
それが私の一番の願いだ

次回:9/22日(火)20:00~

秋の大型連休中のライヴ !!!
ぜひお越しを……
* * *
ひつじ

After

山口から”うどん”が送られて来た
アリガタイ!
誕生うどんパーティを予定した
何と!
ひつじさんが”モツ煮込み”の差し入れ
20158270054_convert_20150901220752.jpg 20158270055_convert_20150901220826.jpg
しかも手作り!

うどんは”誕生日プレゼント”でお持ち帰り

オツカレ!
P8270044_convert_20150901223047.jpg
本日はアサノくん
関連記事
  1. 2015/09/06(日) 16:29:37|
  2. あ-との祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あ-との祭り | ホーム | あ-との祭り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wbky.blog.fc2.com/tb.php/1068-8399682e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Greeting

k.yamazaki

Author:k.yamazaki

Menu

Welcome (1)
あ-との祭り (828)
社会の窓 (68)
彼奴&彼処 (38)
Elvin Jones (37)
モノホン (46)
映写室 (39)
想い出ぼろぼろ (83)
押入れ (30)
週刊C調 (40)
鰯亭 (64)
Jazzの細道 (2)
緊急!連絡帳 (5)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

郵便ポスト

空き室

貸間

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる