気ままにおしゃべり

ミニエッセイ

感謝!橋本麻理子

「アリガトウ!マリちゃん」
0601_mhashimoto.jpg

よく演った!
よく笑った!
よく呑んだ!
そして
「バッカじゃないの!」
よく叱られた!



<2015/7/24>
11215149_389742191217680_7707920679822233074_n_convert_20150830121205.jpg
7/24(金) 早朝帰京。
暑っ!
午後2時頃、
世田谷は激しい雷雨⚡
西新橋DADDY’S CLUBで
ピアノトリオ with 山崎弘一(b) 礒見博(ds)☆でした。
11781723_389742211217678_6065325211863508083_n_convert_20150830121244.jpg
演奏合間の様々な会話も楽しかった♪♪♪

この日がラストになった
9月/10月と共演予定だった

<2015/8/28>

深夜に”亡くなった”という連絡が着た
誰かの間違いだろう!
と思っていた
どうやら真実のようだ
”信じられない”

これが現実だ!

「葬儀会場」

福島県相馬市塚ノ町2-3-1
ほこだて仏光堂 /一休館
http://hokodate.com/sousai/souma/
(クリック)
30日:通夜 17:00
31日:葬儀 14:00

喪主
橋本陽一様

<麻里ちゃんのお葬式>

〜麻里ちゃんの生徒からの報告〜

相馬駅
DSC_0231_convert_20150830235043.jpg
2時間ぐらい早く着いた

弟さんとお母様にご挨拶して、
麻里ちゃんに会わせていただきました。
DSC_0235_convert_20150830235159.jpg
直接の原因はやはりくも膜下だそうです。
金曜日の午後2時頃亡くなったとのことで、
午前中はお母様に電話して、
「お父さんの年金の手続きやらは、
9月に自分が帰ったらやるからね、」
と言っていたそうです。

不謹慎かもしれませんが、
祭壇の写真を撮りました。
DSC_0233_convert_20150830235121.jpg
やっぱり現実なんだなと思いました。

本当に親族だけのお通夜のようだったけど、
途中で麻里ちゃんの生徒だった伊藤君が来て、生徒二人。

お坊さんはお父さんの時と同じ人で、
お父さんの葬式全部麻里ちゃんが仕切ってたから、
お坊さんとFacebookで友達になっていたらしい。

お母さんは気丈な86歳。
お父さんの時から、
看病とお母さんが普段やらないところとか全部掃除して、
お父さん生前嫌いで付けられなかったエアコンつけたりして、
働きまくってて、いつもと違うなってお母さん思ってたって。

これからホットどうしよう。
来月3回もレッスン入ってるのに。
困るよね…麻里ちゃんいなくて。

報告:A.K.さん


葬儀(お通夜)は親族だけで行われた
相馬市なので参列できなかった
(迷ったが写真も掲載する事にした)

近々東京で麻里ちゃんとの呑み会がある
(演奏付き?)
それまで相馬でノンビリして下さい!

とりあえず姿は見えない
何処で視ているか判らない
「ばっかじゃない!」
中途半端な演奏はまた叱られる!

いくら書いても話題は尽きない!
そのうち一緒に思いで話でもしましょう

<ありがとー!マリちゃん>

ライブハウスでは数多く共演した
その他いくつかのオモシロい経験を共有した!
演奏はもちろんウレシイ出会いでもあった!
時間の経過と共にいろいろ思い出す
1つ1つがもの凄くリアルだ!
表情や声までが生々しい!
亡くなったと言う事が信じられない

<2004/6/1> :アケタの店30周年
0601_mall.jpg
珍!Vo:橋本麻理子
(Gt:津村和彦)
音源が残っている
落ち着いたら聴いてみよう

「朱さんより」

その1.
大昔ですが、先生がいつか山崎さんと 
”3月の水”をDuetする約束をした!
と、ニコニコしながら
話してくれたのを思い出しました。

その2.
13日のお昼にベランダにある唐辛子の植木鉢に
季節はずれの黄色い小さい蝶々がフワフワと飛んで来ました。

え!こんな時期に?
お花も咲いていない唐辛子の鉢植えに?

ああ・・・先生が遊びに来たんだなあ~と思いました。

先生の新しいお名前です、

<澄響軒摩譽奏麗大姉>
「ちょうきょうけんまよそうれいだいし」 

何だかピンと来ない!
やたら偉そうな名前である!
「麗しいオネエさん」
という事かな!

こういう時は”オメデトウ”と言うのかな?

9月13日:納骨
(朱さんが教えてくれた)

朱さんは麻里ちゃんの生徒
またまた泣ける!

<9/23 橋本麻理子セッション>

ダディズクラブ/新橋

長い付き合いだ!
12019807_933289106765672_6922297426430987266_n.jpg
30年以上になる

いつも一緒だった!
10322843_836987263075202_3014929272337007207_n.jpg
これからもね!

大勢が麻里ちゃんに会いに来た
本人不在なのが残念だ
本人がいなくても麻里ちゃんの話題は尽きない!
本当に久しぶりの人にも会えた!
12032109_933289046765678_7384762098734030206_n.jpg 12047110_933289036765679_5701544370306616324_n.jpg
麻里ちゃんに感謝!

コレヤスの命日
コルトレーンの誕生日
「ジャズの日だよな!」
寺下が呟いた!

After

皆それぞれの二次会へ
思い出話は止まらなかったに違いない

酒呑み組は”おかめ”へ

麻里ちゃんの写真と花束は
寺下がしっかり両手に抱えていた!

タクシーを見送った
やっぱり泣けた!



「寺下合宿」

毎年「寺下合宿」が10月に行われる
今年で35回
麻里ちゃんも講師である
この合宿での麻里ちゃんの役割は大きい!

1.買い出し
夜中0時にお酒が解禁
吞みながらのセッションになる
この為に買い出しに行くのが麻里ちゃんだった

2.気配り
参加者は40〜50人
当然一人一人個性がある
深夜セッション
皆積極的に参加する
合宿の大いなる目的でもある
中に消極的(遠慮)な人もいる
そこで麻里ちゃんの出番となる
「ベース演ってあげて」
ステージに送り出す

3.フォロー
合宿は3日間
皆音楽漬けでテンションはメチャハイ!
主催の寺下はすべてを仕切る
当然酒も呑む!
吞めばアブナくなる
これをフォローするのが麻里ちゃん
これで合宿は35年続いている!

合宿だけではない
これらが麻里ちゃんの
「音楽人生」
といってもイイだろう!
もちろん
<ピアニスト/橋本麻理子>である

合宿初期

スタートは榛名湖/松原湖
参加者は当時の若手ミュージシャン
(もちろん寺下も若手であった)
当時彼らは寺下の子分みたいな感じであった
皆プロミュージシャンを目指していた
演奏と呑み会
どちらも半端ではない
演奏は当然だが呑み会も演奏以上にアツイ!
皆この”呑み会”で成長したとも言える!

参加者のほとんどが現在現役で活躍している
寺下が慕われるのはこの合宿があったからだろう!

湯川温泉

長野県佐久市
寺下の後援会的グループがあった
その会長だった吉田氏が合宿所を探してくれた

参加者が増えて来た
講師も増えた
麻里ちゃんの存在が重要になる!

この”湯川温泉”がオモシロい!
多くのエピソードが生まれた

一つ一つ思い出してみる

〜つづく〜
「臨時追加」
2015/10/16〜10/18
35回目の合宿セミナー
「今年は全部参加できるよ!」
喜んで語っていたのを思い出す

合宿は参加者の意欲と講師の熱意で成り立つ!
麻里ちゃん抜きの合宿は寂しい!
しかしやはり寺下合宿!
遊び気分では成り立たない!
麻里ちゃんにも叱られる!



2015/10/16〜18

鈴蘭館/菅平

10557158_943958452365404_8991809390380523097_n.jpg

合宿セミナーは3泊4日
麻里ちゃん抜きの初合宿と言える
参加者は皆それぞれ想いがあるだろう
今年の合宿がスタートした

ヒロムくんとタカツグくん
たくさんの写真を提供してくれた
少しずつアップして麻里ちゃんにご報告!

〜つづく〜
関連記事
  1. 2015/10/29(木) 00:00:59|
  2. 彼奴&彼処
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あ-との祭り | ホーム | あ-との祭り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wbky.blog.fc2.com/tb.php/1066-56e673b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Greeting

k.yamazaki

Author:k.yamazaki

Menu

Welcome (1)
あ-との祭り (828)
社会の窓 (68)
彼奴&彼処 (38)
Elvin Jones (37)
モノホン (46)
映写室 (39)
想い出ぼろぼろ (83)
押入れ (30)
週刊C調 (40)
鰯亭 (64)
Jazzの細道 (2)
緊急!連絡帳 (5)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

郵便ポスト

空き室

貸間

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる