気ままにおしゃべり

ミニエッセイ

高校野球 

そろそろ各地方大会も決勝戦!
高校時代スポーツをやっていた
真夏の炎天下で練習や試合の毎日だった
当時は”水飲むな”の時代だ
当然暑かったが今の暑さとは質が違う気がする
今”水飲むな”だったら熱中症で死人続出に違いない!

高校野球と言えばやはり甲子園
各県からの代表校が出場する
地元は大応援!
昔は出身中学も表示されていた

最近は甲子園目指す子が各地の高校に入学(推薦等)
名前の知らない学校が強かったりする
それでも数々の名勝負があって感動した!

残念な試合があった
5連続敬遠
その時のピッチャーが泣いていた
「勝負したかった」
野球は監督の采配スポーツだ
でも主役は高校生の選手達
何かがっかりした!

今年は東京の一年生が大注目
(周りはちょっと騒ぎ過ぎかも)
気持ちよい”勝負”に期待したい

甲子園ばかりが高校野球ではない
甲子園に行く為の地方大会がある
以前一度だけ観戦に行った事がある
観客は殆どいない
選手はもちろん全力でプレー
弱いチームは5回でコールド負け
それでも応援団は必死で声援する
そこに感動する!

何だかライブハウスで演奏する自分(達)とダブル
たとえ少なくても応援団(お客さん)の存在がある!
全力プレー(演奏)は当然(必然)だ!

8/6
100年大会が始まった

前日
作詞家「阿久悠」氏
「甲子園の詩」という番組が放映された
阿久氏が多くの試合を観戦
それを”詩”にして新聞に連載したという
その”視点”と表現に感動した
贈られた詩を学校の石碑として飾る所もある

(ホームラン何本?)
(球速何km?)
(どこのプロチームに行く?)
昨今これが大会前から大騒ぎだ

選手は勝利を目指す
そのために厳しい練習もして来た
ベストを尽くして欲しい
スタンドには
ベンチ入り出来なかった仲間
友達や家族などの応援団
OB
などが必死で応援する

監督さんもメディアも
「主役は高校生」
である

「試合開始」

8時試合開始
2011.3.11.の大会
当時の状況を考慮して試合時間を早めた
節電を心がけてナイターにならないようにした
その精神は今大会にも引き継がれている!

皆でもう一度思い出そう!
関連記事

2015/08/07 Fri. 09:21  edit

Category: 鰯亭

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://wbky.blog.fc2.com/tb.php/1038-ee0fecbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △