気ままにおしゃべり

ミニエッセイ

あ-との祭り

<7/26 Live>

アケタの店/西荻窪

20150726_all.jpg

益々暑くなって来た
夏は苦手だ
ライブではそんな事は言っていられない
熱いお茶を飲む事にした
汗だくになる
これによって気持ちが盛り上がる!

Live

20150726_takahashi.jpg 20150726_yoneda.jpg 20150726_yamazaki.jpg 20150726_nakaya.jpg
本日のゲストDs
”ナカヤちゃん”

撮影:シマダ
<ひつじレポート>

●2015.7.26.sun.ライブ●
20157262.jpg

いくつもの台風が立て続けにやって来て
夏日・猛暑日の続く中でのライヴ当日
演奏開始時間の8時を少しまわった頃から
次々にファンの方々が顔を出しはじめ
会場内も演奏内容も
季節に負けない熱い様相を帯びた

演目は以下の通り
* * *
Strollin' (Horace Silver)
Eclypso (Tommy Flanagan)
Some Day My Prince Will Come (Frank Churchill)
Bemsha Swing (Thelonious Monk)
O Grande Amor (Antônio Carlos Jobim)
Minor Mishap (Tommy Flanagan)
Peace (Horace Silver)
The Dry Cleaner From Des Moines (Charles Mingus)
-----

◆ Strollin'
楽器や身のまわりの荷物をぎっちり詰め込んで
山崎バンドの面々を乗せたツアーキャンピングカーが
風を切って縦横無尽に走り行く映像を
その軽快な演奏に合わせてついつい妄想してしまった
そんな楽旅にはひつじもぜひぜひ同行したい……
とにかく! ドラムスに力がみなぎっていた
(いやいや、……この演目に限らず
それは今回のライヴ全般に言えることであったのだけれど……)
中矢さんがとにかく元気!!!

◆ Eclypso
20157264.jpg
タイトルは「Eclipse」と「Calypso」を合わせた造語だそうだ
終始 酷暑を吹き飛ばす熱い演奏
中矢さんのパワーがこれまた止まらない!
惜しげもなく全開だ!!!

◆ Some Day My Prince Will Come
20157265.jpg
ピアノをフューチャー!
バンドを介して
その王子さまはとんでもないシチュエーションで
シュールに しかも冒険含みで現れ
私の度肝を抜いた
この演目をこんなにミラクルな演奏で聴いたのは初めて!
ベースソロのあと ドラミングに先導されて
にわかにテンポが変化するあたりは超クール!
先月に聴いた I've Never Been In Love Before に引き続き
驚きの展開を見せてくれた
今月の架空ジャケットのタイトル曲とした

◆ Bemsha Swing
20157263.jpg
ラテンのリズムでプレイ開始
初盤のテナーが豪快
トモキさんの熱気あふれるソロアドリブが冴え渡る
ブゥィ~ンと粘度のあるサウンドで
スゥイングするベースソロも圧巻
どことなく風変わりなテーマを持つ楽曲だ
アラジンの魔法のランプかなんかを
ドキドキしながらこすってみるような気分
とでも言っておこう
演奏につられて見たこともない魔人でも現れ出て来そうな
そんな不思議な世界に引き込まれる
<Bemsha>は固有名詞!?
どんな想いの託されたタイトルなのだろう……
気になる

◆ O Grande Amor
20157267.jpg
ハーモニカ中山ふじ枝氏
ギター生島佳明氏
ドラムス本多滋世氏がゲスト参加

演奏の流れとバンドとしてのハーモニーを大切にした
ピアノとベースのバランス感覚に支えられて
ゲスト3者とトモキ氏がそれぞれにソロを取り
独自の世界観を豊かに押し広げた
聴いている自分の中のイメージも
水平方向に果てしなく広がって行く気がした

◆ Minor Mishap
20157266.jpg
初盤のテナーソロアドリブと
中盤のベースソロアドリブが頼もしい!
共に力強くありながらサウンドの感触が柔らかく艶やか
月日に磨かれた深い度量器量を擁したサウンドである
タイトルの Minor Mishap とは
<小さな災難><小事故>といった意味で使われるらしい
今夜のライヴ2曲目の Tommy Flanagan オリジナルであるが
彼にこの楽曲を作らせるどんな Minor Mishap があったんだろう……
またまた楽曲にまつわる謂れなどが気になる

◆ Peace
3拍子での演奏
何度か聴いてきた同じ楽曲が
リズムひとつでその印象を全く異にする
そこがおもしろい!
サウンドの羽を大きく広げて
会場内を自在に舞うように演奏されたピアノサウンドが気持ちよかった

◆ The Dry Cleaner From Des Moines
意味ありげなタイトルにファンキーな曲調がごきげんな1曲
再びハーモニカ中山ふじ枝氏
ギター生島佳明氏の参加で演奏の幅や厚みが増した
メンバーそれぞれのソロも処狭しと弾み鳴り渡っていた
何か相当におもしろいモノが
自由気ままに大手を振ってこちらへ向かってやって来るような
そんなワクワクドキドキ感と期待と楽しさをかき立てる演奏であった
-----
今から33年前に中古で買ったアナログのカメラで
これまでのライヴの様子を撮って来たが
この頃……その写りに不安がある
特にカラーの色みに難がある
画像が均一でなく部分部分がまだらになってしまうのだ
内部の掃除くらいは可能そうだが
不調の原因を確かめるために修理に出そうにも
そのための部品が既にないとカメラ店から念押しされている
そして 写りの不備はカメラのせいばかりでなく
私自身の視力の問題でもありそうだ
毎回30枚ほど撮っているにもかかわらず
情けないかな
そのほとんどがピンボケ!という始末
この先デジタルカメラを使うつもりもないので
ひょっとしたら近いうちにレポートの寄稿も尻すぼまりに消滅……
なんてことになって行きそうだ
まぁそれも好し!……か
ワルい意味でなく悟った心持ちがする
長い年月のうちには人間も機械も消耗するのは必定だ
それにしても 私自身はともかくも
このカメラは粘り強くよく働いてくれた!
(そんなワケで今回は写真枚数も少なく
生のカラーでお見せできるような質ではなかったので
モノクロに落として彩色した……申し訳ない)

次回:8/27日(木) 20:00~
世間一般のバカンス気分も影をひそめる頃
願わくばどこかに
夏の終わりの予兆が見えて始めていることを期待する
暑さに弱いひつじだ
秋よ早く来たれ!!!
* * *
ひつじ

客席

音楽仲間がご来店
20157260020.jpg 20157260022.jpg

20157260023.jpg 20157260018.jpg

1曲参加して頂いた
20150726_nakayama.jpg 20150726_guest.jpg 20150726_honda.jpg

After

20157260013.jpg 20157260014.jpg

20157260029.jpg 20157260025.jpg
この後皆で日高やにて”打ち上げ”

ひつじさん
「笑いすぎて顔が筋肉痛です!」
「顔の筋肉痛?」
残念!トモキから安波くんが亡くなった事を知った
以前共演したかな?

酔っぱらっているのだろうか
演奏は強烈なインパクト!

◆ Everything Happens To Me
201416allunnamed.jpg
トモキさんのお知り合いである安波知己(ts)氏が
遊びにみえてここから2曲演奏に参加
演目も氏がリクエスト
27年前 横浜エアジンでよねさまと共演した
想い出の楽曲ということである
お名前はトモキさんと同じ字を書き
<トモミ>と読むそうだ
リラックスしていて野太い氏のサウンドが加わり
厚みのあるバンド演奏とハーモニーを楽しませてもらった
<演る>も<聴く>も
心底楽しんでいられる安波氏の姿が印象的だった

2014/12/16/ひつじレポート

オツカレ!
20157260006.jpg
アケタの差し入れ:焼きそば(バナナ3本付き)
関連記事
  1. 2015/07/27(月) 18:18:12|
  2. あ-との祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ママさんのカレーライス | ホーム | あ-との祭り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wbky.blog.fc2.com/tb.php/1037-6fb48ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Greeting

k.yamazaki

Author:k.yamazaki

Menu

Welcome (1)
あ-との祭り (875)
社会の窓 (68)
彼奴&彼処 (40)
Elvin Jones (38)
モノホン (46)
映写室 (39)
想い出ぼろぼろ (83)
押入れ (32)
週刊C調 (40)
鰯亭 (64)
Jazzの細道 (2)
緊急!連絡帳 (5)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

郵便ポスト

空き室

貸間

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる