気ままにおしゃべり

ミニエッセイ

あ-との祭り

2017/9/16

<アケタの店/西荻窪>

20170916_all.jpg 

Live

12020170916_takahashi.jpg 20170916_yoneda.jpg 20170916_yamazaki.jpg 20170916_kusumoto.jpg 

バンドメンバーとも言える”ひつじ”さんがお休み
過去何回お休みがあっただろうか
(本当に数えるくらいだ)
それだけに心配ではある

客席

マミよちゃん!
LINE_P20171011_190123_new.jpg 
35年ぶりのサプライズ!

アケタの”アサイ”
何人くらい知っているだろうか?
アサイはアケタの店3代目”お店番”
マミよちゃんはそのカミさん
アサイは北海道に帰って消息不明
(アル中による闘病説もあった)
マミよちゃんは大阪にいることが判明
(SNSや年賀状で連絡が取れるようになった)

この日35年ぶりの再会!
アサイは昨年亡くなったとのことだった
当時の貴重な写真ともご対面

また次はいつ会えるだろうか!



  1. 2017/10/11(水) 19:36:43|
  2. あ-との祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ-との祭り

2017/9/12

<クレージーラブ/経堂>

20179121.jpg 

Live

2ヶ月に一度のライブ
ふと思う
もしかしたらライブの日はいつも雨?
楽器運搬にはクルマを使用
クルマには駐車場が必要だ
駐車場に行く時いつも傘をさしている(気がする)

バンド秘話(ちっちゃい話)
ドラムやベースは楽器運搬にクルマを使用することが多い
必然的に有料駐車場を利用する
銀座や六本木だと大変だ
「屋根よりたかーいこいノーボーオリー」
風に歌うと
「ギャラよりターカーイ駐車ジョーおー」
になる
(幸い?六本木や銀座での仕事はほとんどない)
”バンドの特技”
格安駐車場を探してくる
これはありがたい
ここ経堂でも発見した!




  1. 2017/10/11(水) 18:10:00|
  2. あ-との祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ-との祭り

2017/9/11

<ジャミン/都立大学>

20179111.jpg 

Live

このユニットでは初ジャミン
9.11といえば何年前になるだろうか
その日はこのメンバーで四谷でライブだった
倉地は翌日ロスに行く予定だったという

20179113.jpg 20179112.jpg

Vo仲間がご来店
自撮り名人
20179114.jpg 
撮影:ホッシーくん

もう一人の客人
市川からご来店
何年ぶりだろうか!”むっちゃん”
何年前の忘れ物を届けていただいた
アリガタイ!

After

外は大雨
コイン駐車場でハプニング
雨で濡れた1000円札が入らない
悪戦苦闘で雨に濡れた
ますます入らない!
ここで考えた!
近くの自販機で飲み物買ってコインで払おう!
濡れたお札が入った
が!認識しない
戻しボタン押しても戻ってこない
自販機にある電話番号にかけた
「営業時間は終わりました!」

後日封筒が届いた
郵便局で1000円が戻ってきた


  1. 2017/09/27(水) 20:30:00|
  2. あ-との祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ-との祭り

2017/9/2

<マンハッタン/阿佐ヶ谷>

21273004_1631696503570997_4194238427239564404_o.jpg

Live

「モチヅキレポート」

田山ひろみ(Vo)山崎弘一(B)吉田桂一(P)千光士 実(D)
ひろみさんの歌、
21248583_1631696873570960_8095181508555443876_o.jpg
いつ聞いてもすかっとします!
おいでのお客様有り難うございました。
出演者の方々お疲れ様でした。
次回は11/4土曜日です。
お楽しみに。

Ds/センコーじ
なん年ぶりのライブ共演だろうか!
  1. 2017/09/18(月) 06:05:01|
  2. あ-との祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ-との祭り

2017/9/1

<マンハッタン/阿佐ヶ谷>

21273286_1629656650441649_7188429292488659473_o.jpg

Live

「モチヅキレポート」

倉地恵子(Vo)山崎弘一(B)高橋知己(Ts)米田正義(P)中矢彬弘(Dr)
素敵な歌声と豪華なカルテット、
やはりライヴは素晴らしい!
21273538_1629656517108329_1718621980403555921_o.jpg
お客様の石橋ゆりさん、
雨の中有り難うございました。
アーチストの方々お疲れ様でした。

今年の倉地ライブ
1月:正月
3月:ひな祭り
5月:こどもの日
7月:七夕
9月:防災の日
次回
11/3:文化の日
お楽しみに!
  1. 2017/09/18(月) 05:58:09|
  2. あ-との祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ-との祭り

2017/8/26

<クレージーラブ/経堂>

21077253_497694877232589_109231713152630564_n.jpg

Live

バンマスは”浴衣姿”で登場
21032622_497694930565917_5339728320794456102_n.jpg
今年の夏はこの浴衣姿のシンガーを見かけた
ハヤリだろうか!
今年の冬は”どてら”だろうか?
ちょっと楽しみではある!

このピアニストには
21078331_497694890565921_6338212826405010961_n.jpg
全く季節感がない
それもまた楽しい!
  1. 2017/09/18(月) 05:37:10|
  2. あ-との祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ-との祭り

2017/8/25

<アケタの店/西荻窪>

20178251.jpg

「ひつじレポート」

●2017.8.25.fり.ライヴ●
8月25日(金)
アケタの店:山崎弘一4(高橋知己ts+米田正義p+飯野 工ds)ライヴ

ゲストの飯野氏は、
私が山崎バンドの演奏を聴きはじめた頃の、
当時の専属ドラマーであった。
今夜の編成でメンバー4人がステージに立つと、
過ぎた20年という月日をひと息に飛び越えて、
当時の心持ちが鮮やかに蘇る。
想えば、私にとって宝物のような時の流れた時期だった……。
20178252.jpg
この日のライヴでは、
そんな懐かしさが内包された、
同時に、進化新生したサウンドを堪能した。
20178253.jpg
1998年に描いた版画に少し手を加えて
ここに今月のイラストとする。

演目は以下の通り。

Beatrice (Sam Rivers)
I've Never Been In Love Before (Frank Loesser)
Melancholia(Duke Ellington)
Serenity(Joe Henderson)
With Malice Toward None (Tom Mcintosh)
Eider Down(Steve Swallow)
In A Sentimental Mood(Duke Ellington)
Blues On The Corner(McCoy Tyner)

<Beatrice>

うっ……っ。
とっぱじめから胸がいっぱいで言葉を失う。
泣いてしまいそうだ・・・。
20178257.jpg
演奏は単なる演奏でなくて、
それぞれのサウンドの内奥に
メンバーひとりひとり、
その人そのものの魂が映るんだよね。
まさにそこが、ひつじの胸を引き絞るワケ!

<I've Never Been In Love Before>

プレイ開始の目配せがあってから、
しばらく何かを確かめているように、
ぽろりぽろりと鍵盤を押さえるよねさま。
演奏が走り出すまでの
その経過のすべてが演目のイントロなのだ。
20178254.jpg
一曲まるごとを俯瞰した目と耳で感じていると
メンバーへの伴走の仕方や、
また一歩飛び出してソロをとるときなどの、
飯野氏のバンド全体を抱き込むようなドラミングが持つ
メリハリ感やバランス感覚の的確さが
くっきりとしてくる。

<Melancholia>

2ndセットの<With Malice Toward Non>と共に
この曲は、リーダーとバンドからの
ピアニスト橋本麻理子氏8月28日への追悼演目。
思い出深い特別な楽曲であるということを
ひしひしと感じさせる
トモキ氏、山崎氏のソロ演奏が
じ~んと心に沁み入って印象的であった。

<Serenity>

洗練されているのよね、すごく。
音楽を通して伝わってくる
彼らの物事に対する立ち位置とか
距離の取り方とかがね……。
熱いものが漲っているのに
それは、冷静で公平でソフィストケイトされている。
友愛の心があって他を押しのけない、決めつけない。

根底に据えられたバンドのそんな側面を
垣間みるような演目である。
そういう基本基盤が、
言葉でなくサウンドで物事の真を語る、
っていうのかな……。
これまでの演奏の中で、彼らがときに
想像もできないような芸術的跳躍を見せてきた所以は、
その辺にあるのだ、と個人的には思っている。

<With Malice Toward Non>

生まれてきたことや
生きていることや、のすべてを
愛おしく肯定されているように感じられるテーマだ……。
まったくもって、
聴くたびにそう感じて勇気づけられる。

美しいのに、
美しいだけでサラっとは流れないピアノソロが
ものすごくイイの。
ここがよねさまピアノの最大の魅力!
瞬時に選び採られるひつひとつの音と音との間(ま)に
当人の伝えたいことや独自性がこめられている……。

<Eider Down>

( GmとCmと1小節づつ、エンディングは………うんぬん・・・)
メンバーが中央に歩み寄って、
ボソボソと手早く何かを確認し合っている。
ライヴならではのこういう場面が好き!
20178255.jpg
その確認は<演奏への意気込み>のかたち
であったのかもしれない。

トモキ氏のスピード感を失わない、
しかも密度と流麗さある
テーマからソロへの演奏が冴えまくった。
出のカウントが入ってからエンディングまで、
快速のテンポを緩めず、
息もつかせぬバンドのサウンド乱舞が続いた。

この心地よい緊張感に浸りたいがために、
私はライヴへ通っている、といえるかもしれない。

<In A Sentimental Mood>

ピアノフューチャーの演目。
上記<With Malice~>でのピアノに感じたことそのままを
ここではベースソロにおいてくり返し述べたい。
ひと爪弾きひと爪弾きに、そしてその音色の間(ま)に、
奏者の全身全霊が丹精されていた、ことを……。

<Blues On The Corner>

バンドのリスペクトする McCoy Tyner の
お馴染みの楽曲での締め。
20178256.jpg
濃厚なベースソロに悩殺(笑)!
最初のひと弾きの
粘るようなグィ~~ンというサウンドが
まだ耳に残っている。

* *

ライヴ後は、
8月11日米田氏、8月12日トモキ氏のお誕生日をお祝いして、
ちょっとした軽食会。
20178258.jpg
つかの間、楽器を持つ手をほどいて、
思い出話に興じるバンドの面々を見ているのも
大好きなひつじである。
そして、
いつまでもこのバンドと一緒にいたい、
そう思う。

ではでは、また9月に!
秋に聴くジャズがまたイイのよね。

* * *
”ひつじさん!いつもありがとう!”
  1. 2017/09/17(日) 21:47:54|
  2. あ-との祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ-との祭り

2017/8/18

<アケタの店/西荻窪>

20170818_all.jpg 

Live

20170818_imaizumi.jpg 20170818_fujinoki_2.jpg 20170818_fujisawa.jpg   

20170818_kamimura.jpg 20170818_yamazaki.jpg 20170818_kusumoto.jpg

本日”スルド”大活躍
したがって本日パーカッション担当

  1. 2017/09/17(日) 21:18:31|
  2. あ-との祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Greeting

k.yamazaki

Author:k.yamazaki

Menu

Welcome (1)
あ-との祭り (867)
社会の窓 (68)
彼奴&彼処 (40)
Elvin Jones (38)
モノホン (46)
映写室 (39)
想い出ぼろぼろ (83)
押入れ (31)
週刊C調 (40)
鰯亭 (64)
Jazzの細道 (2)
緊急!連絡帳 (5)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

郵便ポスト

空き室

貸間

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる