気ままにおしゃべり

ミニエッセイ

東京五輪/2020

<序>

「エンブレム」

使用開始

航空会社/生命保険/銀行/ビール会社

2015/8/24現在

〜つづく〜
  1. 2015/08/24(月) 12:36:07|
  2. 鰯亭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校生

電車に乗った
高校生が10人くらい乗り込んで来た
一斉にスマホを取り出す
皆でゲームを始めた
”戦争ゲーム”でない事を願う

「ペンは剣より強い」
高校生だった
「剣はペンより強い」
ことにならないように
この高校生達にもお願いしたい!

<若手衆議院議員の発言について>水谷修氏

ツイッターで、十代二十代の若者たちのグループが、
現在国会で審議されている安全保障関連法案に、
反戦平和主義の立場から、
反対運動を繰り広げていることに対して、
国家の存続や平和に対する
「利己主義的態度」だとして、
批判しました。

これは、完全に議員が、間違っています。
本当の「利己主義的態度」を取る若者は、
デモもしなければ、声をあげて反対を表明することもしません。
ただ、知らんぷりをし、現在の享楽に身をゆだねます。
彼らは、この国の明日を真剣に考えているすばらしい愛国青年たちです。
議員が、本当にこころある議員であるなら、
ツィッターでこのように無造作に侮蔑のことばを投げ捨てるのではなく、
彼らのところに出向き、彼らの意見をきちんと聞き、
また自分の意見もきちんと話すべきです。
哀しい人です。

ちょうど4年前です。
私が父のように慕う日本を代表する俳優のご夫婦と、
若手の議員の方々と会食していました。
話題が、尖閣列島に於ける中国船舶の不法侵入の話になったときに、
一人の議員が、
「法律を改正し、自衛隊を送り、武力を持ってしても、
中国船舶を追い返し、国土を守らなくてはいけない。
これでは、日本の名誉が損なわれる」
と一言言ったときです。
彼は、
「君が、行くのかね。
もし、そこで、一発でも銃弾が飛べば、戦争が始まる。
そして、自衛官の命が失われる。
それでもいいのかね。
君に聞きたい。
君たち国会議員が、守るのは、国家の名誉なのか、
それとも、国民一人ひとりのいのちなのか。
君は、何もわかっていないようだ。
私は、あの戦争を体験している。
どんなことがあっても、二度と戦争はしてはいけない。
名誉なんてものは、一度失っても取り戻すことは出来る。
でも、いのちは一度失われたら二度と取り戻すことが出来ない。帰れ」

この議員は怒って帰りました。
彼の名は、菅原文太さんです。
国があって国民があるのではなく、国民があって、はじめて国がある。
今、この発想が多くの国会議員のあたまの中から消えているようです。
これを文太さんは、教えてくれました。

戦後70年、私たちの国日本は、
一発の銃弾を他の国の人に撃つことなく、
また国民が、ただの一人も戦争によって
いのちを奪われることなく、
現平和憲法の下で現在の繁栄を築いてきました。
その事実が今や忘れ去られようとしています。

それでも、国際情勢の変化や他の国からの要請の中で、
自衛隊を設立し、また憲法との法的安定性を保ちながら
「PKO」にも協力してきました。
それが、今大きく揺らいでいます。
そのような動きに対して、必死に声をあげた若者たちこそ、
今最も
”この国の明日と世界平和”
を深く熟慮しているすばらしい若者たちです。

それを「戦争に行くのがいやだから」などと、
「利己主義」と切り捨てる。
これは、かつての戦前の軍国主義の再来を感じます。
今は亡き菅原文太さんにかわり、
議員および、すべての国会議員に聞きたい。

「あなた方が守らなくてはならないのは、
国ですが。国民のいのちですか」

〜夜回り先生のF.B.より〜(一部抜粋)
  1. 2015/08/07(金) 20:30:39|
  2. 鰯亭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校野球

そろそろ各地方大会も決勝戦!
高校時代スポーツをやっていた
真夏の炎天下で練習や試合の毎日だった
当時は”水飲むな”の時代だ
当然暑かったが今の暑さとは質が違う気がする
今”水飲むな”だったら熱中症で死人続出に違いない!

高校野球と言えばやはり甲子園
各県からの代表校が出場する
地元は大応援!
昔は出身中学も表示されていた

最近は甲子園目指す子が各地の高校に入学(推薦等)
名前の知らない学校が強かったりする
それでも数々の名勝負があって感動した!

残念な試合があった
5連続敬遠
その時のピッチャーが泣いていた
「勝負したかった」
野球は監督の采配スポーツだ
でも主役は高校生の選手達
何かがっかりした!

今年は東京の一年生が大注目
(周りはちょっと騒ぎ過ぎかも)
気持ちよい”勝負”に期待したい

甲子園ばかりが高校野球ではない
甲子園に行く為の地方大会がある
以前一度だけ観戦に行った事がある
観客は殆どいない
選手はもちろん全力でプレー
弱いチームは5回でコールド負け
それでも応援団は必死で声援する
そこに感動する!

何だかライブハウスで演奏する自分(達)とダブル
たとえ少なくても応援団(お客さん)の存在がある!
全力プレー(演奏)は当然(必然)だ!

8/6
100年大会が始まった

前日
作詞家「阿久悠」氏
「甲子園の詩」という番組が放映された
阿久氏が多くの試合を観戦
それを”詩”にして新聞に連載したという
その”視点”と表現に感動した
贈られた詩を学校の石碑として飾る所もある

(ホームラン何本?)
(球速何km?)
(どこのプロチームに行く?)
昨今これが大会前から大騒ぎだ

選手は勝利を目指す
そのために厳しい練習もして来た
ベストを尽くして欲しい
スタンドには
ベンチ入り出来なかった仲間
友達や家族などの応援団
OB
などが必死で応援する

監督さんもメディアも
「主役は高校生」
である

「試合開始」

8時試合開始
2011.3.11.の大会
当時の状況を考慮して試合時間を早めた
節電を心がけてナイターにならないようにした
その精神は今大会にも引き継がれている!

皆でもう一度思い出そう!
  1. 2015/08/07(金) 09:21:06|
  2. 鰯亭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供電話相談室

毎年夏休みに放送されるラジオ番組
中学生以下の子供達が電話で様々な質問
様々な分野の専門の先生が答える
小学校低学年が多い
司会のオネエさんが間を取り持つ

質問はいたって素朴で基本的
従って答える方は逆に大変かも!

このやり取りがオモシロイ
特に先生方の答えがオモシロい!

大雑把に3タイプに分かれる

1.「わかるよね!」(強引型)

先生
「わかったよねー!」
子供
「う〜ん!わかったあー」
オネエさん
「わかったー!エラいねー!」

2.「もっと大きくなったらね」(先送り型)

先生
「わかったー?」
子供
「うーん!ワカンナーい!」
先生
「わかんないかー!幾つだっけ?」
子供
「2ねんせー」
先生
「そうか!まだむりかなあ」
「もうちょっと大きくなったらわかるよ」
「本とかでも調べてみてね」
オネエさん
「もっと大きくなったらわかるって!」

3.「じゃあこれだったらわかる?」(親切からの自滅型)

先生
「わかったー?」
子供
「わかんなあーい!」
先生
「そうか!わかんないか」
「じあこれだったらわかる?」
(説明に専門用語連発)
(ますます難しくなる)
「今度はわかったでしょ!」
子供
「沈黙!うーん!わかったー!」
(子供なりに気を使ったみたいだ」
オネエさん
「いっぱい説明してもらってヨカッタね!」

オネエさんの苦労がよく判る
先生に対しての気配りが大変だ!

<実例>

子供:「太陽は何でいつまでも燃えているんですか?」
先生:「何年生?」
子供:「2年生」
先生:「太陽ってさー!50億年も燃えてるの知ってる?」
子供:「へー!知らない」
先生:「燃えるモノがないと燃えないよね」
  :「50億年も燃えるモノはないよね」
子供:「そうなんだ!じゃあ何で燃えてるの?」
先生:「実はモノが燃えてるんじゃないんだよ」
  :「核融合って知ってる?」
子供:「知らない」
先生:「水素とかプルトニウムとか聞いた事ある?」
子供:「水素は聞いた事あります」
先生:「そうか!核融合が起って太陽はずっと燃えてるんだよ」
子供:「ふーん!」
オネエさん
「わかったー?核融合って言うのが大事なんだね」

この説明じゃわかる分けないよね
ふと思う
”火力発電”と”原子力発電”で説明すればもうちょっとわかるかも!
原発に関して質問されると困るのかも!
ふと思う
この番組から”今の世の中”が見えてくるかも!

もう少し掘り下げる事にした!

小学生/先生/オネエさんを置き換えてみる

子供=国民又はエラい人(国会議員等)
先生=エラい人又は有識者(専門家)
オネエさん=マスメディア

子供:”おもてなし”って何ですか?
先生:外から来る人を心で歓迎する事だよ
子供:だったらお金掛からなくていいねえ
先生:外国の人に喜んでもらいたいじゃない
  :立派なもの作って観てもらいたいじゃない
  :お金掛かっちゃうんだよね!わかったー?
子供:お金使わないとおもてなしできないんだあ!
オネエさん
やっぱり外国の人に喜んでもらいたいよね!
日本って凄いと思ってもらいたいよね!

子供:新しい競技場が出来るの?
先生:2020年に東京でオリンピックがあるからね
子供:すごくお金がかかるってニュースで言ってた!
  :でも今までそんなにお金使わなかったって!
  :もっとお金がいる人がいっぱいいるんだって
先生:外国の人に日本は凄いと思ってもらいたいだろう
子供:今までのを直せばいいのに
先生:もう壊しちゃったんだよ
  :だから新しいの作らなくちゃね!
子供:誰が決めたの?
オネエさん
オリンピック楽しみだね!
凄い競技場観てみたいよね

子供:憲法って何ですか?
先生:日本の国が決めた決まりの事だよ
子供:決まりを変えようとしてるの?
先生;何で知ってるの?
子供:ニュースでやってた  
  :反対の人もいっぱいいるんだって!
先生:総理大臣が先に外国の人と約束して来ちゃったんだよ
  :約束は守らないといけないよね
子供:決まりが変わるとどうなるの?
先生:外国のお友達がケンカするじゃない
  :今までは助けに行けなかったじゃない
  :助けに行けるようになるんじゃない
子供:助けに行ったらケガしちゃうんじゃないの?
先生:ケガしないようにするんだって
  :お弁当とか飲み物届けるだけだよ
子供:お弁当盗みに来ないの?
  :だったら反対の人にちゃんと説明しなくちゃね!
  :ケンカ助けたらケンカするのと同じじゃない?
オネエさん
お約束は大事だよね
お友達は助けてあげなくちゃね!

オネエさん
今日は放射線の先生も来ています
放射線に興味のあるお友達も質問して下さいね
子供:放射線量ってどうやって計るんですか
先生:どこに住んでるの?
子供:東京
先生;何で興味持ったの?
子供:家族で福島に旅行に行ったの
先生:そうか!
  :福島は今どうなってるかいっぱい視て来た?
子供:うん!
先生:福島には線量計というのがいっぱいあるよね
  :線量計にもいろんな種類があるんだよ
先生:放射線って知ってる?
子供:わかんなーい!
先生:放射線にもいろいろあるんだよ
  :レントゲンって知ってるだろう
  :X線て言うんだよ

いろいろ説明が始まった
ラジオ聞いていてさっぱりわからない
(セシウムとかの言葉が一個も出てこない)
多分子供もわからないだろう
先生:ガイガーカウンターって聞いたことある?
子供:あるー
先生:わかる?
子供:わかんなーい!
先生:ごめんね!難しいよね!
先生:本当にごめんね!
先生:今の自分にはこれでいっぱいいっぱいなんだよ!
オネエさん
難しかったかな!
自分でもお勉強しようね

ふと思う
先生はもっと判りやすく説明できるのかも!

〜つづく〜
  1. 2015/08/06(木) 19:45:19|
  2. 鰯亭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風11号

<台風11号>がやって来た
TVではどの局も台風情報
この間大きな出来事に大きな動きがあった

1.安保法案
衆議院を通過した
国会前には多くの反対派が集合(6万人?)
音楽仲間も多数参加した(F.B.より)
首相談話
「国会では十分審議を尽くしました」
「まだ多くの国民が理解していないと思います」
「これから丁寧に説明して行きます」
日本にとってもの凄く大きな問題だ!
(素朴な疑問)
国民に丁寧に説明してから採決するべき問題ではないだろうか
(通過しちゃったから今更言っても手遅れか?)

2.新国立競技場
いったいどうなっているんだろう?
2020年オリンピクの為に造るはずだ
国会中継で総理の発言
「見直ししていたらラグビーワールドカップに間に合いません」
ラグビー会長もオリンピク委員会会長も同じ元総理
過去5大会分の競技場の合計予算
選考責任者の建築家がやっと記者会見
(責任逃れにしか聞こえない)
F.B.で「森喜朗記念競技場」という表現を発見
この表現だと人(組織)の繋がり(関係)がよく判る

再検討するみたいだ
せっかくのオリンピック
どうせやるなら”イー”大会でありたい

3.原発関連
その1
原子力規制委員会が3つ目の発電所に再稼働合格
委員長は相変わらずボソボソと発言
(堂々と語ってもらいたい)
やはり何か後ろめたいのだろうか?

その2
台風11号は四国を直撃
その他の地区にも被害をもたらした
原発は大丈夫だったのか
大丈夫であればせめて報道(報告)して欲しい

その3
福島原発
汚染水が溢れて海に流失
(ホンの何秒かの報道があった)
その後どうなったかはどの局も報道していない
どの程度なのかかなり心配ではある

4.その他
中学生いじめ問題
非常識発言
まだまだたくさんある

これらに共通するモノがある
組織とそのトップ
その組織に集まる人々
様々なつながりがより明白になった

小/中学生が作る組織の方が余程しっかりしている!
利権が絡まないからだろう!

人はそれぞれ考え方がある
当然賛否もある
その判断の基準になるのが情報だろう
情報を提供するのがマス・メディア

信念と勇気を持って情報提供をお願いしたい!

台風は大きな被害をもたらす
ただし1つだけいい事がある
大雨と大風が見えなかったモノを洗い流す
  1. 2015/07/17(金) 14:03:58|
  2. 鰯亭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015/3/11

<東京では>

2011.3.11&12〜

幹線道路の節電/道路が暗くなった
コンビニなどの照明節電/店が暗くなった
TV番組やCMの自粛/テレビがうるさくなくなった
電車の冷房節電/電車の窓を開けて風を取り入れた
駅の節電/駅が暗くなった
スポーツのナイター照明自粛
各企業も節電を意識した

その他まだまだある

震災に伴う原発事故に対する意識の表れだった
日常生活にはほとんど影響がなかった!

2015/3/11〜

東北に比べて震災の直接影響が少なかった東京
皆でこういう努力をしたことを忘れないで欲しい!

2011年も仙台・石巻でライブがあった
チャリティーでもボランティアでもない
ライブを主催してもらえるからだ
今年も皆さんに会えることがウレシイ!

  1. 2015/03/11(水) 21:36:16|
  2. 鰯亭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3.11/TV特集

各テレビ局が特集番組を放映
過去の映像を再現
キャスターはそれぞれ現地(各地)から生中継

やはりテレビでなくては出来ない!
テレビの役割(意味)を実感した!
今後もこのテレビの役割に期待したい!

一つだけ残念な事がある
民放にはCMが入る
夜の番組の番宣が入る
放映されている番組とはあまりにも無関係
(何とかならないのかねえ!)

これが
”東京の感覚”
と思われない事を願っている!
3/12

昨日の特集はどうなっちゃったのだろうか?
今日は殆ど報道なし
東京ではこんなもんなのだろうか

ホンの僅かではあるが希望もある!
「原発問題」が取り上げられ始めた

  1. 2014/03/12(水) 15:41:47|
  2. 鰯亭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クールランニング

久しぶりに観た!

もうすぐソチオリンピック
もうすぐ都知事選挙
もうすぐ3.11
ただ今国会開催中

いいタイミングだ!
  1. 2014/02/03(月) 22:56:39|
  2. 鰯亭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Greeting

k.yamazaki

Author:k.yamazaki

Menu

Welcome (1)
あ-との祭り (849)
社会の窓 (68)
彼奴&彼処 (40)
Elvin Jones (37)
モノホン (46)
映写室 (39)
想い出ぼろぼろ (83)
押入れ (30)
週刊C調 (40)
鰯亭 (64)
Jazzの細道 (2)
緊急!連絡帳 (5)

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

郵便ポスト

空き室

貸間

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる